躯体補修箇所調査 大規模修繕工事  

19/09/28

皆様こんにちは!

マンション大規模修繕工事を専業としていますセラフ榎本です。

今回は、躯体補修について書かせて頂きます。

足場組立後にまず建物の躯体劣化部の調査をします。

コンクリート部のひび割れやタイル面の脆弱部などを確認し、マーキングをしていきます。

下の写真がマーキングの状況です。

DSCF4898

DSCF4900

この躯体補修工事はとても重要な作業で、そのまま放置してしまいますと漏水などの原因にもなりますし、建物の寿命を短くしてしまうと言っても過言ではありません。

マンションの大規模修繕工事のご用命がございましたら、セラフ榎本までお問い合わせください。

 

建設本部 第一建設部長

 

■アーカイブ