細菌とウイルスの違い 除菌 抗菌抗ウイルスコーティング 光触媒

20/07/25

皆様、こんにちは。

マンション大規模修繕工事のセラフ榎本です。

今回は細菌とウイルスの違いについてお話します。

 

アルコールスプレーや手洗いジェルなどをよく見かけると思います。除菌を目的として使われていると思いますが、どんな効果があるのかわかっていない人もいると思います。また、細菌とウイルスの違いを理解していない人も少なくないのではないでしょうか

 

細菌とウイルスは、どちらもヒトに感染症を引き起こす微生物ですが、決定的な違いとしては、細菌は生物であり、ウイルスは生物とは言い切れないところです。細菌は単細胞生物であり、栄養源さえあれば自分と同じ細菌を複製して増えていくことができます。人の体に侵入して病気を起こす有害な細菌がいます。一方で人の生活に有用な細菌も存在します(納豆菌など)。人の体には多くの種類の細菌がいて、皮膚の表面や腸の中の環境を保つ側面もあります。

 

ウイルスは、細菌の50分の1程度の大きさで、とても小さく、自分で細胞を持ちません。ウイルスはヒトの体に侵入し、ヒトの細胞の中に入って自分のコピーを作らせ、細胞が破裂して、ほかの細胞に入りこみます。このようにして、ウイルスは増殖していきます。ヒトに病気を起こすことがあるウイルスとして、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)、インフルエンザウイルス、ノロウイルスなどが知られています。また、風邪はさまざまなウイルスが原因となります。

ウイルスは大きさや仕組みが細菌と異なるので抗菌薬(抗生剤、抗生物質)は効きません。抗ウイルス薬はまだ少数しか開発されていません。

 

弊社では抗菌・抗ウイルスコーティングを行っています。光触媒の酸化チタンを使用したコーティング剤を用いており持続効果は1年です。コーティング剤の購入、噴霧依頼について気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

℡ 0120-538-221

 

マンションの小規模・大規模修繕工事はセラフ榎本にご用命くださいますよう

お願いいたします。

 

営業企画部 

■アーカイブ