マンション大規模修繕工事 ドローン調査 赤外線外壁調査

2021/04/27

皆様、こんにちは。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による

建物診断を行っているセラフ榎本です!

 

今回は、【風速】についてご紹介します。

 

風速とはその名の通り

風の速さの事を言います。

1秒間に1mであれば1m/sとなります。

では、数値が上がるごとに陸上の状況は

どの様に変わるのでしょうか。

 

0.0~0.2m/s:静穏、煙がまっすぐ上昇する
0.3~1.5m/s :煙がなびく
1.6~3.3m/s :顔に風を感じる
3.4~5.4m/s :旗がはためく
5.5~7.9m/s :砂埃がたち、紙片が舞う
8.0~10.7m/s :水面に波頭がたつ
10.8~13.8m/s :傘の使用が困難となる
13.9~17.1m/s :風に向かうと歩きにくい
17.2~20.7m/s :風に向かうと歩けない

 

私たちセラフ榎本はドローンによる建物調査を

行う際は風速計測者がおり、常にドローンが

飛行する上で安全な風速か確認を行っております。

 

以上で風速についてのご紹介を終わります。

 

私たちセラフ榎本は状況や環境に合わせての

建物診断を行っております。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による

建物診断について気になることがございましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

セラフ榎本ドローン外壁調査専門サイト:https://www.sei.ne.jp/drone/

 

営業企画部

 

■最新の記事

■アーカイブ