【日本のドローン活用例】マンションドローン外壁調査 マンション外壁調査 マンション大規模修繕 マンション赤外線カメラ 東京都

2021/05/17

皆様、こんにちは。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による

建物診断を行っているセラフ榎本です!

 

今回は、【日本でのドローン活用例】についてご紹介します。

1970年代から日本では様々な開発者によって、

産業用ドローンの実用化は進められてきました。

 

実際に、1987年に世界で初めて

産業用無人ヘリコプターを開発・転売したのも、

日本のヤマハ発動機です。

 

2018年には日本郵便がドローンを使った荷物輸送を始めました。

 

現在では、農薬散布をはじめ、空撮サービスや測量、点検、物流など、

日本の産業用ドローンの市場規模はますます拡大しています。

 

2021年には1676億円にまで達すると言われているドローン市場は、

これからも成長し続ける分野といえるでしょう。

 

以上で日本のドローン活用例についてのご紹介を終わります。

 

私たちセラフ榎本は状況や環境に合わせての建物診断を行っております。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断について

気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

セラフ榎本ドローン外壁調査専門サイト:https://www.sei.ne.jp/drone/

 

営業企画部

 

■最新の記事

■アーカイブ