【トイドローンと重量】ドローン外壁調査 マンション外壁調査 マンション大規模修繕 赤外線カメラ セラフ榎本 東京都 埼玉県 川口市

2021/06/09

皆様、こんにちは。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断を行っているセラフ榎本です!

 

今回は、【トイドローンと重量】についてご紹介します。

トイドローンとは一般的に航空法の適応外になるドローンの事を指します。

日本では200g未満のドローンを指します。

(ちなみに上の写真は、

DJI社のMavic ミニという機体で重さは199gです。)

しかし、アメリカのトイドローンは250g未満を指します。

航空法に適用される重量が異なります。

海外から直接ドローンを購入する際は

トイドローンという名称だけではなく重量もしっかり確認しましょう。

 

また、200g未満のドローンは航空法の適応外になりますが

どこでも飛ばしていいというわけではありません

トイドローンも規制の対象になる法律はあります。

小型無人機等飛行禁止法、電波法、条例、重要文化財保護法、

肖像権、道路交通法などがあります。

安心安全にドローンを飛ばすためにもしっかりと確認をしましょう。

 

ドローンに関する規制は変動しやすいです。

トイドローンであってもフライト前に法律の確認は必ず行いましょう。

 

以上でトイドローンと重量についてのご紹介を終わります。

 

私たちセラフ榎本は状況や環境に合わせての建物診断を行っております。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断について気になることがございましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

セラフ榎本ドローン外壁調査専門サイト:https://www.sei.ne.jp/drone/

 

営業企画部

 

■最新の記事

■アーカイブ