【ドローンと昆虫の関係】マンション外壁調査 マンション建物診断 赤外線カメラ ドローン 大規模修繕工事 埼玉県

2021/07/21

皆様、こんにちは。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断を行っているセラフ榎本です!

 

今回は、【ドローンと昆虫の関係】についてお話します。

 

・名前の由来がミツバチ?

「drone」を英和辞典でひくと、雄バチ、雄ミツバチと出てきます。

ドローンが飛ぶときにはかなり大きな音がします。

その音がミツバチの羽音に似ていることから、

ミツバチが語源ではないかという説があります。

((((((((っ・ω・)っブーン

 

・羽ばたいて飛ぶ?超小型ドローン!

マサチューセッツ工科大学の研究チームが、

ハチやハエのように羽ばたいて飛ぶ超小型ドローンを開発しました。

((((((((っ・ω・)っブーン

昆虫のように機敏な動きが可能で、

柔らかく羽ばたきが速いため、何かと衝突しても

飛び続けられるそうです。

 

以上で今回のブログを終わります。((((((((っ・ω・)っブーン

 

私たちセラフ榎本は状況や環境に合わせての建物診断を行っております。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断について

気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

セラフ榎本ドローン外壁調査専門サイト:https://www.sei.ne.jp/drone/

 

営業企画部

 

■最新の記事

■アーカイブ