マンションドローン外壁調査診断
低コスト・短時間・安全に建物を診断。居住者への負担を大幅削減。
従来の建物診断は打診棒などを使って壁面を打診することで外壁の浮き部を調査する「打診法」が一般的でした。
この診断は高所の診断を行う場合、ブランコやゴンドラの組立・設置が必要となり、多大や費用と時間が掛かってしまいます。
セラフ榎本では、このような課題を解決すべく、「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断を行っています。
ドローン(空撮)のメリット
  • ブランコやゴンドラ組立・設置が不要
    (コストの大幅削減・時間の短縮)
  • 屋根上や屋上へ上がれない物件などの診断も可能
  • 人が高いところへ上がる必要無し(安全面への配慮)
  • リアルタイムにお客様と診断概要を確認・把握
    (屋外にてその場でLIVE動画表現)
  • 検査結果は記録として保存、再生。
赤外線診断とは
建物の外壁面が太陽の日射・気温の気象変化を受けると、断面形状や材料(外壁タイル・モルタル等)の浮き部と健前部の熱伝導率の違いにより表面温度に差が生じます。
その表面の温度差を赤外線サーモグラフィによって測定していきます。
そこから、得られた表面温度分布から「浮き部」を検出する診断方法が赤外線診断です。
微小な温度差を捉え可視化することができるため、表面では分からない微小な外壁タイルの浮き等の調査が可能です。
ドローン(空撮)のメリット
ドローン赤外線診断項目
・外壁タイル等の浮き・漏水箇所
・塗装の浮き ・ひび割れ・クラック等 ・外壁の浮きや剥がれ
・断熱不良 ・雨漏り箇所、浸水経路の発見
ドローン可視光カメラ診断項目
・外壁タイルのひび割れ/欠損/エフロレッセンス
・シーリング調査…劣化状況 ・防水調査…屋上の全景
・外壁塗装面(東西南北)…ひび割れ/欠損/爆裂/塗膜の浮き/退色
・鉄部(避雷針、屋上看板の鉄骨部分) …錆/劣化状況
※下記の環境ならびに壁面では調査ができない場合がございます。
(1)電線や電信柱の多い壁面(2)障害物のある部分の壁面(例:街路樹)
(3)雨に濡れている壁面や悪天候時(雨・雪・雷など)(4)強風(国交省の規則により風速5m以下)
(5)太陽の日射状況により赤外線カメラ撮影ができない場合があります。
(1)電線や電信柱の多い壁面
(2)障害物のある部分の壁面(例:街路樹)
(3)雨に濡れている壁面
(4)強風(国交省の規則により風速5m以下)
(5)太陽の日射状況により赤外線カメラ撮影ができない場合があります。
赤外線カメラによるドローン外壁調査のメリット
  • 非接触のため足場やゴンドラなどの仮設を必要としません。(コストの削減化)
  • 大面積を少人数で比較的短期間で測定できるので効率が良いです。
  • 診断結果を熱画像として記録できます。

建物の外壁劣化等によるタイルの空洞・雨漏れ等の調査の代表的な赤外線装置法と打診法の特徴を比較すると下記の表のようになります。

<赤外線装置法と打診法の比較>
項目 赤外線装置法 打診法
コスト
高所の打診は仮設足場費用が必要
診断期間
現地仮設足場設置、撤去などを含め
現地訪問調査が複数回要する
気象条件等
悪天候等の影響を受ける
建物外壁への影響
調査対象非接触

浮きの広がり、剥離の危険あり
建物居住者への影響
振動、騒音、仮設足場設置や撤去時の安全対策
特定建築物定期調査業務基準の全面打診等調査

日本国の調査方法は「特定建築物定期調査業務基準」により示されております。

1)目視調査

2)手の届く範囲の打診等調査

3)落下による歩行者等に危害を加えるおそれのある部分についての全面打診等

全面打診調査

1.外壁調査範囲に足場等を設置してテストハンマーで全面打診する方法

2.赤外線調査

<外壁調査範囲に足場等を設置してテストハンマーで全面打診する方法>

※打診調査の注意点として、調査者の熟練度による判断の相違、長時間作業などによる判断力の低下などがあげられる。なお足場としてはゴンドラ、高所作業車が使用されているがいずれの場合は安全管理には十分注意しなければならない。(特定建築物定期調査業務基準参照)

<赤外線調査>

長所

1)調査用の足場を使用しないので安全性に優れている。

2)非接触で広い面積を短時間に調査出来るので作業効率がよい。

3)判定値は熱画像として記録、保存、再生できる。

短所

1)壁面方位により測定した時間帯が異なる。

2)雨の日、風の強い場所には測定が難しい。

3)調査壁面と赤外線装置との間に障害物があれば測定できない。

(特定建築物定期調査業務基準参照)

弊社は全面打診調査の「2.赤外線調査」に対応致します。

調査で使用するドローンのご紹介
MATRICE210 RTK(DJI製)MATRICE210 RTK(DJI製)
※D-RTKアンテナ…金属の構造物や高圧電線により生じる磁気干渉にも耐性があり、他の機体では機能しない環境下でも正確に飛行できます。
画面付き送信機
画面付き送信機
仕 様
寸法 展 開 時:887×880×408㎜
折り畳み時:716×242×236㎜
重量 6.14㎏
最大速度 57.6kph(Pモード)
最大飛行時間 23分(積載物なし)
Support for Phantom 4 Pro V2.0(DJI製)Support for Phantom 4 Pro V2.0(DJI製)
画面付き送信機
画面付き送信機
仕 様
寸法 対角サイズ(プロペラ除く)
350mm
重量 1388g
最大速度 50km/h(P モード)
最大飛行時間 約30分
Mavic 2 zoom(DJI製)Mavic 2 zoom(DJI製)
送信機
送信機
仕 様
寸法 展 開 時:322×242×84㎜
折り畳み時:214×91×84㎜
重量 0.99kg
最大速度 72km/h
最大飛行時間 約31分
診断の流れ
診断の流れ
診断の流れ
ドローンパイロット:10名 赤外線建築診断士:15名
日本建物ドローン協会会員(https://jada2017.org/members
一級建築士:3名 一級施工管理技士:4名
二級建築士:1名 二級施工管理技士:10名
マンションドローン外壁調査診断マンションドローン外壁調査診断マンションドローン外壁調査診断
状況や環境に合わせての建物診断を行っております。
お気軽にお問い合わせください。