上昇気流と地面効果 ドローン外壁調査 赤外線外壁調査 セラフ榎本 埼玉県 東京都 神奈川県 千葉県

2021/05/08

皆様、こんにちは。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断を行っているセラフ榎本です!

 

皆様、ドローンは上昇気流に弱いことを知っていましたか?

 

下降気流であれば回転数を増やして高さを維持できます。

 

しかし、上昇気流だと回転数を減らすか、最悪回転を止めるしかありません。

 

そうすると、当然ドローンは制御不可になります。

 

そのため、ドローンは上昇気流に弱いのです。

 

また、急降下をするとドローンの周りに上昇気流が発生した状態と同じ状態になります。

 

さらに、超低空飛行の場合も、ブレード(プロペラ)の回転によって発生した風が地面に跳ね返され上昇気流のようになります。これを地面効果といいます。

 

「上昇気流」「急降下」「地面効果」の場合は不安定になり、バランスを崩しやすいため、注意が必要です。

 

 

私たちセラフ榎本は、状況や環境に合わせての建物診断を行っています。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断について気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

セラフ榎本ペットドローン外壁調査専用サイト:http://www.sei.ne.jp/drone/

営業企画部

■最新の記事

■アーカイブ