ドローンの飛行手段  ドローン外壁調査 マンション建物診断 マンション大規模修繕工事 赤外線カメラ ドローン 埼玉県

2021/06/29

皆様、こんにちは!

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断を行っているセラフ榎本です。

 

今回はドローンの飛行手段についてご紹介します。

大きく分けて手動飛行計画飛行の二つがあります。

 

まずは、手動飛行についてご紹介します。

手動飛行とは操縦機を操作することでドローンを動かす方法になります。

 

一方、計画飛行とは前もってドローンに飛行経路をプログラミングすることで自動に飛行する方法になります。

 

飛行速度や高さなど一定に設定することが出来ます。

 

同じ場所に計画飛行を行った場合、全く同じ飛行が可能になります。

 

今後、計画飛行は多くの可能性を秘めているでしょう。

 

私たちセラフ榎本は状況や環境に合わせての建物診断を行っております。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断について気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

セラフ榎本ペットドローン外壁調査専用サイトURL:https://www.sei.ne.jp/drone/

 

営業企画部

 

 

■最新の記事

■アーカイブ