【ドローンとオリンピック】ドローン外壁調査 マンション外壁調査 マンション大規模修繕 赤外線カメラ セラフ榎本 埼玉県 川口市

2021/06/29

皆様、こんにちは。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断を行っているセラフ榎本です!

 

今回は、【ドローンとオリンピック】についてご紹介します。

2019年に行われたラグビーワールドカップや、

2021年東京オリンピック・パラリンピックなど、

日本国内で開催される世界規模の大会のことを考えて、

2019年5月にも新しくドローンに関する法令が定められたことをご存知でしょうか?

 

その内容は「ラグビーワールドカップ2019、

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に伴い、

それぞれ関連施設上空でのドローン飛行を禁止する」というものです。

期間を定めて文部科学省や国土交通省が定めた場所上空が規制対象となります。

しかし、組織委員会から正式な同意を得た場合は飛行による空撮などが許可されます。

 

規制対象となる場所の詳しいマップは

公式のホームページで確認可能ですので、予めチェックが必要です。

 

以上でドローンとオリンピックについてのご紹介を終わります。

 

私たちセラフ榎本は状況や環境に合わせての建物診断を行っております。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断について

気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

セラフ榎本ドローン外壁調査専門サイト:https://www.sei.ne.jp/drone/

営業企画部

 

■最新の記事

■アーカイブ