フライトモードについて ドローン外壁調査 セラフ榎本 マンション大規模修繕 ドローン調査 生態調査 埼玉県 東京都 神奈川県  点検 災害救助 ドローン操作 GPS 赤外線 ドローン活用 建物診断

2022/05/16

皆様、こんにちは!

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断を行っているセラフ榎本です。

 

 

今回はフライトモードについてご紹介します。

 

フライトモードに3つの種類があります。

 

 

 

Pモード(標準):GPSやセンサーをONにし誰でも安定した飛行が可能になる。

 

 

 

Sモード(スポーツモード):障害物センサーをOFFにし、スピード重視の飛行が可能になる。

 

 

 

Aモード(ATTIモード)手動でのマニュアル操縦を行える。

 

 

 

周囲の環境や撮影状況に合わせたシステムのON/OFFを行うことで様々なシチュエーションへ対応できるようになるそうです。

 

 

 

今回はドローンのフライトモードについてご紹介いたしました。

 

私たちセラフ榎本は状況や環境に合わせての建物診断を行っております。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断について気になることがございましたら

お気軽にお問い合わせください。

 

セラフ榎本ペットドローン外壁調査専用サイトURL:https://www.sei.ne.jp/drone/

 

営業企画部

■最新の記事

■アーカイブ