【ドローンタクシーについて】ドローン外壁調査 マンション外壁調査 セラフ榎本 赤外線カメラ 東京都 神奈川県 ドローン タクシー 未来 無人 無人機

2022/05/16

皆様、こんにちは。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断を行っているセラフ榎本です。

今回は「ドローンタクシー」についてご紹介します。

ドローンの技術の発展が様々な分野で見られる中、無人の大型ドローンに人を乗せて運ぶ「ドローンタクシー」も開発が進められています。

今回はドローンタクシーについて開発状況や課題について説明していきます。

ドローンタクシーとは

ドローンタクシーは、タクシーという名の通り人を乗せられるほどの大型ドローンを飛行させ、人を目的地まで運ぶというコンセプトサービスです。

ドローンなどの無人航空機は基本的に小型で、空撮や農業、土木建築などの分野で活躍されています。しかし将来的にはドローンを活用した空飛ぶタクシーの実用化が構想されています。

現在では主に、宅配や物流といった活用をドローンで行うことを実証実験や実用化に向けた動きが積極的に進んでいます。

将来的には物だけでなく、人を運べるような日常がくるかもしれません。

 

ドローンタクシーの開発状況

世界各国の大企業やベンチャー企業では、早くからドローンタクシーの実用化に向けた開発が進められています。

中国が最も早くドローンタクシーの開発に乗り出し、アメリカでも開発が進められています。また日本でも開発が進んでおり、大型ドローンによる有人飛行試験も成功させました。

 

ドローンタクシーの課題

世界中でドローンタクシーの開発が進められている中、技術的な問題のほかにも乗り越えなければならない課題が多くあります。

技術的問題以外だと、法整備やルール面があげられます。

ドローンタクシーの実用化に向けて法律や飛行ルールの整備は避けて通れません。

国内においてもドローンタクシーと航空法の整合性をどのように取るのか議論が続けられていますし、用途や空域といった飛行に基づくルールも整備が必要です。

以上がドローンタクシーの紹介となります。ドローンによる発展はタクシーだけでなく救急車や消防など人を助けるための技術にも繋がることなどで更なる発展を期待しています。

 

私たちセラフ榎本は状況や環境に合わせての建物診断を行っております。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断について気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

セラフ榎本ペットドローン外壁調査専用サイト

URL:https://www.sei.ne.jp/drone/

 

 

営業企画部

■最新の記事

■アーカイブ