フェイルセーフ機能について ドローン外壁調査 マンション外壁調査 セラフ榎本 赤外線カメラ 埼玉県 東京都 神奈川県 千葉県

2021/04/21

皆様、こんにちは。

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断を行っているセラフ榎本です!

 

今回はドローンのフェイルセーフ機能についてご紹介します。

 

まずフェイルセーフ機能とは何なのか?

身近な例としては、

「エレベーターでドアが閉まるときに、誰かが挟まれるとセンサーが反応してドアが開き、事故を防止する。」

 

このようにシステムに故障あるいはエラーが発生しても安全機能が働き、危険を回避できるようにすることを言います。

 

ドローンのフェイルセーフ機能について

〈例〉

【バッテリー残量が低下した場合】

ある一定の残量となったら、アラームが鳴る。

アラームが鳴っても飛ばし続けると強制着陸をする。

 

【正面、側面の壁に向かってぶつかる操縦を指示した場合】

ドローンの距離が壁から5mになるとアラームが鳴る。

それでも進む指示が来たら3mでプロポの指示を無視して止まり、衝突を回避する。

 

このようにドローンには、「失敗しても、怪我せず安全に済む」ようにするフェイルセーフ機能がついています。

 

しかし、フェイルセーフ機能は最終手段と考え、なるべく作動しない範囲で操縦することが大切です。

 

ドローン外壁調査診断のご相談、御見積りはセラフ榎本にご用命いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

ドローン外壁調査診断公式ホームページ:http://www.sei.ne.jp/drone/

 

営業企画部

■最新の記事

■アーカイブ