ホバリングのやり方 ドローン 赤外線カメラ 外壁調査 マンション大規模修繕工事 埼玉県 蕨市

2020/05/28

皆様、こんにちは!

「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断を行っているセラフ榎本です!

今回はホバリングのやり方についてご紹介します。

 

ドローンをマニュアルで操作する時に、最も基本的な操作となるのがホバリング。

ホバリングは一定の高さと位置を保ったまま、その場にとどまらせるように飛行させるテクニックです。

やり方はとてもシンプルで機体が降下しそうになったら上昇を、上昇しそうになったら下降を、そして左右に移動しそうになったらその逆側に。

つまり機体が移動しようとする方向の逆方向にプロポの操作をするというのが基礎です。

言葉で説明すると簡単ですが、実際の操作はかなり繊細な操作が必要で、上昇下降の操作と同時に左右の操作も一緒にしなくてはいけません。

ホバリングのシビアな感覚を身につけるためには、あえてホビー系のドローンや、マイクロドローンといった小さめサイズのドローンで練習するのがおすすめです。

 

私たちセラフ榎本は状況や環境に合わせての建物診断を行っております。
「ドローン」と「赤外線カメラ」による建物診断について気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください。

営業企画部

■最新の記事

■アーカイブ